風俗から得た知識をこのサイトの体験談として紹介したいと思います。

風俗から得た知識

お風呂で潜望鏡を予定

投稿日:2016年5月4日

ホテル前に待ち合わせて、そのまま部屋に行きます。女の子がお店に電話をしている間、お風呂を沸かすことに。「お風呂入るんですかっ?」「あれ、もしかして嫌だったすか?」「いえいえ、急いできたので汗かいちゃって……入りたい気分だったんです。ありがとうございます」う~ん、なんというか守ってあげたい小動物みたいな子です。お湯が沸いたのを確認して、とりあえず脱衣アシストを行う。ブラジャーもすんなり外せてよかったです。お互い全裸になり、向こうの視線は僕のムスコ。「すごい、なんか大きいですね」「そう?」そう言いながらたまぶくろごと触って揉み揉みしてくる。当然、もっとアソコが大きくなる。でもこのままじゃ普通にエッチが始まっちゃいそうだったので、我慢してお風呂に。お風呂で再び会話をしながら密着のまったりです。潜望鏡をやろうと思ったのですが、思った以上にお風呂が狭くてできませんでした。でもイチャイチャできたので文句はありません。デリヘル嬢も可愛かったし、満足です。

即尺は金がかかるが・・・

即尺が他のデリヘルに比べて高かったので断念。普通にプレイをすることにしました。「即舐めはお金かかるけど、即手コキならいくらでもできますよ?」と、デリヘル嬢が言ってくれたので即手コキをしてもらいました。すぐに抜いてくれるのであればフェラも手コキもそんな違いないのでお得感です。ローションをかけて後ろに回られ、ペニスを扱いてきます。ローションだと仮性包茎の僕もあっという間に皮が剥けます。そのまま先端を刺激されて「あっ、ヤバい、出るかも・・・」「出しちゃっていいですよ~」そのまま射精。「一杯出ましたね~。かなり溜めてきたんですか?」いえ、朝っぱらにも一度自分で抜いていますが。でも言われて悪い気はしません。シャワーをサッと浴びてベッドではアイマスクをして攻撃を受けることに。耳元で「これから思いっきり舐めますね」といって耳の穴に舌を突っ込んできた。フェラしてくれるものと思っていた自分にとって不意打ちのようなものでした。ビクンビクンして気持ちよかった。